実戦詰将棋

ちょいムズ実戦詰将棋4

実戦詰将棋

 

  • プロの実戦で詰みの手順が現れた局面を切り取り問題にしています。
  • 手番側が詰め方で、その逆が玉方になります。手番側を持って王手の連続で敵玉を詰ましてください。
  • 実戦形式なので持ち駒が余っても、最短手順ではなくても詰ましてしまえば正解です。

 

 

問題1

 

問題2

 

問題3

 

前回の答え1

△7九馬▲9八玉△9七金▲同桂△8九角▲8七玉
△7八馬まで

 

△7九馬から△9七金が角の打ち場所を作る手筋。

以下△8九角から詰み筋に入ります。

 

前回の答え2

△7九金▲同玉△6九飛▲8八玉△8九飛成▲同玉
△8七飛成▲7九玉△7七竜▲8九玉△8八歩▲9八玉
△8六桂まで

 

まずは△7九金から△6九飛の筋から読み始めるところです。

△8九飛成から△8七飛成に8八合なら△7七桂▲7九玉△6九馬までの筋は簡単に見えますが、△8七飛成に▲7九玉と逃げられた時の△7七竜が少し見えづらい問題でした。

なお、初手△7九金に▲8八玉は、△8九金▲9七玉△8七飛成▲同玉△8八飛以下詰みです。

 

前回の答え3

△同飛成▲同金△4八歩▲同金△同馬▲同玉
△4七歩▲同玉△4六歩▲3八玉△4八飛▲3七玉
△4七歩成▲2六玉△3六金▲1六玉△2六金打まで

 

手数は長いですが王手の手段が限られているため、飛車を切って△4八歩と叩くまではこれしかないといったところです。

以下▲同金に△同馬と切って△4七歩と叩いた局面が飛車の力が強く詰んでいます。

 

答えと次の問題

 

実戦詰将棋
ちょいムズ実戦詰将棋5 プロの実戦で詰みの手順が現れた局面を切り取り問題にしています。 手番側が詰め方で、その逆が玉方になります。手番側を...

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です