棋譜並べ

【体験談】棋譜並べで5000局並べて分かったこと

棋譜並べ 5000局

 

このブログでは最速で24初段になりたいなら、棋譜並べは不要論を唱えていますが、私自身が棋譜並べが嫌いだからそう言ってるわけではありません。

むしろ3年間の間に棋譜並べを約5000局は並べているのでむしろ棋譜並べマニアかもしれません。

ちなみにこの5000局というのは棋譜を用意して、盤上に初手から終局図まで並べた回数です。

パソコンやスマホ上で並べただけの棋譜もカウントすると1万局以上いってます。

そんなわけで今回は3年で約5000局棋譜並べをしてわかったことを紹介していきます!

 

どんな棋譜を並べたのか

まずはどんな棋譜を並べたかまとめてみます。

  • プロ同士の棋譜(将棋年鑑、羽生佐藤100番指し、大山全集などなど・・・)
  • アマの棋譜(小池重明の棋譜集など)
  • ソフトの棋譜(floodgateやソフト同士を指定局面から戦わせた棋譜)
  • 将棋倶楽部24の八段の将棋

これらの棋譜を大体2分から10分ほどで並べていました。序盤は自分のよく指す戦型以外は飛ばして、仕掛けの局面と終盤の互角の局面で少し考える感じです。

棋譜並べでは思ったほど強くならなかった

棋譜並べにも結構時間を割きましたが、棋譜並べよりも詰め将棋や実戦をたくさんした方が棋力が上がりました。

高速棋譜並べという手を止めずに1局並べきる勉強法もやりましたが、あまり効果が感じられず、パソコンやスマホ上で並べるのとあまり変わらないという気がしました。

やっぱり棋譜並べをして最大限棋力を上げようと思ったら、1局に20~30分時間をかけてしっかり考えないといけないのかもしれません。

でも個人的には振り飛車党やネットの短い持ち時間をメイン指す人は棋譜並べは効果が薄いんじゃないかと思っています。

振り飛車の質の高い棋譜ってあまり多くないですし、マイナーな振り飛車だと棋譜探すのに時間がかかってしまうので。

 

プロの棋譜が1番記憶に残る

アマやソフト、ネット将棋の棋譜も結構並べたのですが、プロ同士の棋譜と比べて記憶に残らないのです。

プロの棋譜は棋戦とかもあるし、思い出すときに記憶の取っ掛かりが多いです。

タイトル戦のような大勝負であれば、中継や将棋世界など色々なところで目にする機会があるのでより記憶に残りやすいのですが・・・。

しかしアマやソフトの棋譜は誰が指しているかとかは興味が沸かないし、棋戦などもないので全然記憶に残りません。

 

プロの棋譜は共有できるのが1番のメリット

プロの棋譜を並べて何が1番いいかっていうと、熱心な将棋仲間なら昔の棋譜でも内容が伝わるということです。

「この局面○○と○○の順位戦であったなー」とかいうと将棋の内容を覚えてる人がいて嬉しくなりますね。

棋譜並べの1番のメリットは熱心な将棋ファンと昔の将棋で話が盛り上がるということにあるかもしれません。

一方ソフトの棋譜なんかは自分で作った棋譜だと誰とも共有できないし、floodgateで指された棋譜であっても他の人も覚えていることなんてまずありません。

というわけで棋譜を並べて若干上達に効果があり、将棋仲間と盛り上がることができるプロの棋譜が1番!

 

棋譜並べに絶対おすすめのブックスタンド

棋譜並べをしているときは片方の手で棋譜の書いてある本を押さえながらもう片方の手で駒を動かすというのがスタンダードだと思います。

しかしずっと本を持ったり押さえたりするのって結構疲れるんですよね・・・

私もそれが嫌だったのですが、ブックスタンドという商品を買ってからは棋譜並べが非常に楽になりました。

 

 

普通の本はもちろん、将棋年鑑ぐらい分厚い棋譜集でもしっかり押さえてくれますし、手で押さえる必要がないので跡を残すことがなくて助かります。

また、タブレットで棋譜並べをする人は、ブックスタンドにタブレットを立てかけて棋譜を並べることができるのが嬉しいところです。

ブックスタンドで棋譜並べを始めてからは、ブックスタンドなしで棋譜並べができない体になりましたね・・・笑

 

【送料無料】 卓上用 ブックスタンド 書見台 譜面台 角度調節 読書 iPad 勉強 便利 作業効率UP 調理 レシピ本 会議 講義 WALLST 「NEW」

 

まとめ

5000局並べた実体験をまとめると、

  • 棋譜並べは棋力向上にはあまり効果なし!
  • アマやソフトの棋譜は記憶に残らない
  • プロの棋譜を並べたほうが将棋仲間と盛り上がる
  • っていうか上達より将棋仲間と盛り上がるのが棋譜並べの1番のメリット

こんな感じになります。棋力向上については、やり方とか棋風、戦型により異なるので人それぞれだとは思います!

でも棋力向上に役立たなくても棋譜並べは楽しいんですよね。だからあまり効果ないと思いつつも5000局も並べてしまいました。面白い将棋を指す人の棋譜はついつい漫画を読む感覚で並べてしまいます。

 

POSTED COMMENT

  1. sunnyday より:

    大山康晴全集はどれくらいの頻度で全三巻のうち何巻を中心に並べてましたか?大山康晴全集の購入を検討していて、本当に強くなれるかどうか参考にしたいので質問させていただきました。

  2. onon より:

    大山全集は近所の図書館に置いてあったので、借りて短期間の間に集中的に並べていました。(1日100局くらい)
    大山先生の全盛期の実力を感じ取りたかったので、並べたのは第2巻の無敵時代でした。1巻は将棋の内容が古く、大山先生の居飛車の棋譜が多いようなので、振り飛車党の方なら2巻以降がいいと思います。

    本当に強くなれるかどうかという点については、現役プロの振り飛車の棋譜を並べるほうが効率良く強くなれるのではないかと思っています。

    大山将棋の対急戦の受けの強さなどを学んでも、現代将棋では穴熊や左美濃のような持久戦が主流なので、大山全集で学んだことを実戦で生かすのが難しいというのが理由ですね。

    あとは「大山康晴名局集」という本があり、大山全集より安く買うことができるので、もしこちらの本を持っていなければ試しに購入してみるのが良いかと思います。

  3. sunnyday より:

    メールアドレスあてに返信が来ると勘違いしてて今気付きました。非常に丁寧な回答大変ありがとうございます!名局集も検討してみますね。最後の質問なのですが、大山康晴全集を並べる際は大山さんを手前にして並べてましたか?それとも大山さんが後手なら後手番のままにしてましたか?全て大山さんを手前にして並べないと大山さんの感覚が身に付かないような気がしてて、どうしようか迷ってます。

  4. onon より:

    いえいえ、コメントをいただけると大変励みになりますので、こちらこそありがとうございます!

    私自身は大山さん後手でも後手番のまま並べていました。
    でも大山さんの感覚を身につけたい場合は常に大山さんを手前側になるように並べたほうが効果があると思います。
    特に受け将棋を学ぶときは、手前側で薄い玉のまま受け続ける感覚に目を慣らしていかないといけないので…

    あとは質の高い棋譜(タイトル戦や対升田、対中原、対米長戦など)であれば、手前大山さん、手前相手を1局ずつ合計2回並べるのも効果が高いと思います。
    相手目線に立つと、受け将棋の粘り強い指し回しにうんざりしそうになったりなど、手前大山さんだけでは見えないものも出てきますので(笑

    楽しく、強くなれる棋譜並べライフになるよう応援してますね!!

  5. sunnyday より:

    柔軟性のある素晴らしい回答ありがとうございました。勉強の指針が定まりました!

sunnyday にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です