将棋の勉強法

初心者が絶対やってはいけない将棋で効果がない勉強法

初心者 将棋勉強

 

将棋の勉強法の種類は数多くありますが、初心者のうちは実戦+反省と詰将棋だけに集中するべきです。そのことについては以下の記事で紹介しています。

 

将棋 勉強時間
初心者におすすめ!将棋の勉強時間の配分について 実戦の持ち時間の使い方は論じられることが多いですが、勉強時間の配分について真剣に考えている人はあまり見ないような気がします。 ...

 

上記の記事の内容をカンタンに説明すると、初心者は初段になるまで実戦+詰将棋を解くというシンプルな勉強法だけでOKというものでした。

今回は逆に初心者がこれだけは絶対やってはいけないという勉強法について紹介したいと思います。

 

長手数の詰将棋を解く

長手数の詰将棋を解くと先を読む力や忍耐力がつくという効果がありますが、初心者のうちというかプロを目指すレベルの方ではない限り不要です。

長手数を何手からにするかの定義が難しいですが、15手詰め以上はいらないかなと思います。

長手数の詰将棋をやってはいけない理由は解けるまで頑張って解こうと読みを堂々巡りにさせてしまいますが、堂々巡りにさせても棋力向上には役に立たないですし、解けなかったときに自信をなくしてしまいます。

難しい詰将棋を1問時間をかけて解くより、カンタンな詰将棋をたくさん解くほうが詰み形の暗記もできるし成功体験も増やすことで自信につながります。

 

生徒ちゃん
生徒ちゃん
短手数の詰将棋でもたくさん解けると自信つくね!
先生
先生
自信を持つことは大事だね

 

プロの将棋の観戦をする

楽しむ目的で日曜日のお昼に放送されているNHK杯やニコ生、AbemaTVなどで放送されているプロの将棋を観戦するのは良いことだと思います。

しかし棋力を向上させる目的で観戦するのはやってはいけない勉強法です。

理由としては人の将棋を観戦しても棋力向上にはあまり影響がないということと、観戦というのは意外と時間を取られるものなのでかけた時間の割には実りが少ないというのがあります。

観戦は棋力向上目的でしてはいけない。ということを覚えておくといいと思います。

 

生徒くん
生徒くん
ネット将棋の観戦もだめ?
先生
先生
最短で強くなりたいなら観戦する時間を対局にまわしたほうがいいね

 

対局後反省をせずに実戦を指しまくる

これは全ての人に当てはまるというわけではないのですが、多くの人にとっては反省をしないで実戦を指すというのはあまり棋力向上に役立ちません。

将棋はどんな強いプロでも1局に1回はミスをするような難しいゲームなのでアマチュアならもっとミスが出ます。

そのミスを次の対局では2度としないように反省をすることで次からミスを減らし、棋力向上に繋がります。

なのでリアル対局なら感想戦をし、ネット将棋の場合は1局を振り返り何がミスだったか特定をするくらいはやるようにしましょう。

 

生徒くん
生徒くん
将棋ウォーズでついつい反省せず指しまくっちゃうけどだめなんだね
先生
先生
全ての対局で反省をするなら指しまくることはいいことだよ

 

将棋の反省
【将棋初心者にもおすすめ】効率が良い対局後の反省方法 将棋の上達には対局後の振り返りと反省が欠かせません。 対局後の振り返りには感想戦と呼ばれるものもありますが、感想戦は対局後...

 

まとめ

 

先生
先生
初心者がやってはいけないはいけない勉強法をまとめるよ

 

初心者がやってはいけない勉強法
  • 長手数の詰将棋を解く→短手数をたくさん解こう
  • 将棋の観戦→観戦はせず自分で将棋を指そう
  • 反省をせず実戦を指しまくる→ミスを特定するための反省をしよう

 

生徒くん
生徒くん
勉強になった!早速将棋指してくるね!
先生
先生
じゃあ先生も将棋指してくるね
生徒ちゃん
生徒ちゃん
え、生徒くんの将棋観戦しないの?
先生
先生
うん。観戦しても将棋は強くならないからね
生徒ちゃん
生徒ちゃん
(さすが効率厨先生・・・)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です