将棋の勉強法

投了は最大の悪手!1手詰めまで指すことのススメ

 

皆さんはどのタイミングで「投了」をしているでしょうか?

一般的なのは自玉があと3手で詰まされてしまう局面くらいまで指して、投了という感じだと思います。

完全に詰み形の頭金まで指す子供は結構多いですが、プロや大人はそこまで指す人はあまりいません。

もちろんどこまで指すかは個人の自由なのですが、プロが頭金の形まで指して、相手に1手詰めの手を指させると物議を醸すこともあり、あまりよくないように思われています。

しかしこの記事では、投了をすることは完全に忘れてしまい、あえて1手詰めの局面まで指すことを推奨していきます。

その理由はなぜか?というのをみていきましょう。

 

投了した局面は実は勝っているかもしれないから

 

上図はC級2組の順位戦の1局で、先手の増田康宏五段▲5三飛と打った局面です。

ここで1分将棋で追い込まれていた後手の神谷広志八段が負けと判断し投了しました。

しかし実際は△6九飛成▲同玉△7八銀▲同玉△6七金▲8八玉△7九角▲9八玉△9六香以下先手玉に詰みがあり後手が勝ちの局面でした。

王手をかけずにこの局面での投了というのは、読み切れていなかったけど形を作るという意味合いもあったかと思います。

しかし投了図の美しさなど考えずに、△6九飛成から王手をかけていればそのうち盤面を眺めているうちに先手玉が詰んでいることに気づいて勝っていたかもしれません。

なのでアマチュアの場合は王手が続きそうならとりあえず王手をかけ続けてみて、本当に詰まない局面まで進めてから投了を考えましょう。

 

自玉が必死で敵玉が詰みそうになく見えても、投了してしまわずにとりあえず王手をかけて考えること

 

投了した局面から逆転できるかもしれないから

今度はNHK杯で登場した伝説の1局をみてみましょう。

 

 

先手は藤井猛九段です。

振り飛車党の藤井九段ですが、この頃は藤井矢倉と呼ばれる矢倉を指していました。

局面は先手が優勢で、▲4一飛などと攻めるのが普通です。

しかし実戦は▲8三飛!?と指してしまい、後手の丸山忠久九段の△8ニ香を見て投了してしまいました。

優勢の局面からウッカリで飛車が詰まされてしまったので、投了したくなる気持ちもわかります。

しかし△8ニ香と打たれた局面はソフトによると400~500点程度後手良しの局面ですし、NHK杯は早指しの棋戦なので逆転は全然ありえます。

自分が悪手を指してしまった後は必要以上に形勢を悲観してしまうことが多いのですが、そんなときも投了をしてしまわず、何か指し続けてみましょう。

そうすれば実は投了するほど差が開いていないということに気づくかもしれません。

 

自分の1手バッタリの悪手で優勢の将棋を台無しにしてしまっても、そこで投了してしまわずにとりあえず何手か指してみること

 

1手詰めまで指す理由は?

プロの将棋もそうですが、アマチュアの将棋はもっと最後まで何が起こるかわかりません。

最後頭金を打って詰みのはずが打つ駒を間違えてしまうとか、クリックミスをしてしまうとかそういうことが起こる可能性は0ではありません。

相手のミスを期待してまで勝ちたくないとか、負けだと分かっている将棋をクソ粘りして結局負けるくらいなら、早投げして次の将棋を指したほうが強くなれるという考え方もあります。

ネット将棋ならその理論もありですが、大会や記録に残る将棋であればとにかく勝ちにこだわるべきだと思います。

また、負けを悟ったときは投了をどの局面でしようかと考えたりするものですが、1手詰めまで指すと決めていれば迷う必要もありません。

なので神谷八段の詰み逃し投了の例のように、投了のタイミングなどを考えて頭のリソースを無駄に消費することなく、勝ちを見つけるための読みをいれることができます。

 

若い人は1手詰めまで堂々と指せるというメリット

1手詰めまで指すメリットを色々紹介しましたが、歳を取れば取るほど1手詰めまで指すのは難しくなっていきます。

理由としては、

  • 年下相手に負けの局面を指し続けるのは辛いから
  • 勝つ見込みもなく長引かせると大会の運営などに支障が出るかもしれないなど考えてしまうから
  • 早く投了して別のことをしたいから

 

・・・などなど色々あります。

歳を取ると周りの目を気にしてしまったり、将棋以外に楽しいことをたくさん知っているので無駄に苦しんで1手詰めまで指すよりさっさと投げて別のことをしてしまいたくなります。

逆に若い人は周りの目を気にしなくていいという特権もあるので、どんどん1手詰みまで指しましょう。

100局指せば1,2局くらい早投げをしなかったことにより逆転する将棋が出てくると思います。

 

まとめ

最後に1手詰めの局面まで指すことによるメリットをまとめてみます。

 

1手詰めまで指すメリット
  • 投了しようとしている局面は実は勝っているかもしれないから
  • 投了しようとしている局面から逆転勝ちする可能性があるから
  • 投了するタイミングを決めておくと対局中に無駄なことに頭を使わなくて済むから

 

負けと分かっている局面を指し続けるのは辛いですが、普段から1手詰めまで指すと決めていれば辛さも多少なくなってくるかもしれません。

1手詰めまで指すことによって本来投了していたはずが、勝ちを拾うことができたということが1局でも多くあればいいですね。

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です